自分しか見えへん

yarisutego.exblog.jp
ブログトップ

「頑張れ」よりも

頑張れてゆう言葉について、先日うちの小学校のPTA会長と飲みながら話した。

子どもたちはほとんどの場合
かなり精一杯「頑張ってる
それやのに「頑張れ」て言われたら
「え?これ以上頑張らなあかんの?」て感じると思う。

以前からいろんな場面で主張してきたけど
今の子ども(大人も含めて)にいちばん足らんのは
自己肯定感

「自分は認められてる」「必要とされてる」「存在する意義がある」
そう思えることが大切やから
頑張ってる子にはちゃんと「頑張ってるな」て認めてあげなあかん。
それで、まだ頑張れそうやと思たら
褒めたうえで「頑張ろう」て声をかけようという話になった。

「頑張れ」=俺はこっちで見てるからお前は頑張れ
「頑張ろう」=俺も頑張るからいっしょに頑張ろう

こんな話をしたPTA会長と僕は
小学校のドッジボールの監督とコーチです。

子どもたちと自分たちの明るい未来のために
みなさん、いっしょに頑張りましょう!
[PR]
by yaritai-houdai | 2005-03-17 10:47 | 雑感