自分しか見えへん

yarisutego.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:告白( 37 )

残花繚乱を読んだ

このブログのお気に入りにも登録してる常習女の岡部えつさんが書いた「残花繚乱」を読んだ。

いつも通りバスタイムの読書やったんで4日で読了。
1日目と2日目は、早く続きが読みたいと思って読んだ。
3日目は、お風呂上がりの気分が異様に重たかった。
4日で読み終えての感想は、女のしたたかさとたくましさをあらためて痛感。
男はっていうたら、ホンマにこーやなぁ、単純で欲望にストレートで、いざというときの度胸はなくって・・・。
絶対にバレてる状況でシラを切りとおす「りか」のたくましさは男には絶対マネでけへん。

けど、秘密を共有しているもんが正式な関係の人とおるときのなんとも言えん感じをかすかに思い出した。
途中はドロドロしてる感じやけど、最終で確かに夫婦ってこうして熟成していくよなぁ、と変に納得して安心。
それにしても著者は独身やと思うけど、この夫婦に対する観察眼の鋭さはなんなんやろ?
独身女性らの心の声やら思考パターンと嗜好は、わかっても不思議やないけど夫婦についてのこの洞察には脱帽した。
再来年結婚25周年を迎える俺も、これまでの様々なエキスを熟成させて、ええ夫婦になろうと思た本でした。
[PR]
by yaritai-houdai | 2014-08-08 21:59 | 告白

対症療法じゃなく

今年の大きな出来事、それは自分がストレスから逃れるために姓に依存していたことに気付いたこと。
そのことに気付いたら、なんかまったくそれがバカらしく思えて自慰も浮気願望もなくなった。
あまりの呆気なさになんか「そんなもんやったんや」て思った。
多分それは俺のプライドがそうさせたんやと思う。
依存せずにおられんくらい弱かったのに、その弱さをどっかでは認めたくなくて「もうそんなもん必要ないよ」と強がってたんかも知らん。
自分をそこに追い込んだストレスやプレッシャーは気付く以前と何にも変わってないのに、俺は依存と縁を切った。
「こんなに簡単に抜けられるもんなんや」て思ってた。
「やっぱり男は理屈屋(理論家)やから理屈で理解できたら意外に簡単に脱出できるんやな」なんて考えてた。
けどその一方、心のどっか片隅で「根本原因が取り除かれてないのにこれでバランスが維持できるんやろか?」
「今度はどこにそのマイナス影響が出てくるんやろ?」とちょっと不安やった。
でも、なんにもなかった。
心穏やかな日々が続いた。

   ・・・数ヶ月間は・・・。
[PR]
by yaritai-houdai | 2010-09-05 00:02 | 告白

ごめんな

俺が性の呪縛から解放されて心晴れやかなんは、この間ここに書いてきた通り。
ほんまに自分でもびっくりするくらい依存がなくなった。
ネットでアダルトサイトを転々とすることもDVDを観ることもまったくなくなった。
ほんの1ヵ月前の俺とはまるで別人。
まさしく生まれ変わったていうてもええぐらい。

このサイトは以前、うちの奥さんも見てたから、ちょっと読まれることを意識して書いてた。
けど、見てくれてはなかった。
俺にとっては劇的な変化も奥さんには通じてなかった。
「以前のあんたと何にもかわってない」て言われた。
わかってくれてると思てただけにショックやった。
10年近くも裏切ってばっかりやったから「今更信じろって言われても何を信じたらいいの?」と言われて、返す言葉もない。
けど、伝わってるて思い込んでた。
「あんただった私のこと全然わかってないやん」て言われた。
ほんまにそうや。
わかってたら何度も裏切ったりでけへんかったはずやもん。

病気

それですべてを合理化して許されるなんて考えてない。
けど、その病気に気付いてそこから脱出してきた俺に気付いてほしかった。

甘えたらあかんね。
俺が勝手に依存に陥ってただけやねんから
あの人に何の罪もないんやし

ごめん。
どうやって償っていったら償えるんやろか。
失くした時間、信頼、関係をどうやったら取り戻せるんやろか。
あきらめず、逆恨みせず、くじけず、くさらず、あくまで低姿勢で頑張ります。
[PR]
by yaritai-houdai | 2010-03-16 23:19 | 告白

思い起こしてみると

俺は、いつから性の呪縛に囚われてたんやろか。
ずーっと遡って思い出したら、一番最初に性的な興味を感じたのは小学校に上がるかあがれへん頃やったような気がする。
おかあちゃんと一緒に海水浴に行って民宿でお風呂に入ったとき、いっしょに参加してたおかあちゃんの友人のKさんの裸に興味を持ったことを覚えてる。
記憶にある性的な関心はあれが最初のような気がする。
その後、小学1年生のときに家のトイレの窓の前に週刊誌が積み上げられてて、個室でそれを読んだ記憶がある。
その週刊誌は漫画サンデー程度の成人雑誌やった。
それをドキドキしながら、なんか悪いことしてるっていう気はありながら読んでたと思う。

ただ単に早熟やと思ってた。
けど今、思うとその頃からその瞬間のすべてを忘れる恍惚感に酔いしれ、逃避してたような気もする。

More
[PR]
by yaritai-houdai | 2010-03-14 00:12 | 告白

トランキライザー

射精が大好きやったんとは違う。
射精に向かう時間が好きやった。
それ以外のことは何にも考えんと
ただそれだけに意識を集中させて
現実から逃避する。

SEXに関することは秘め事。
そやからこそ、社会から解放される瞬間。
どんな不安や苦しみ・悲しみからも
その瞬間だけは確実に逃げられる。
経験的にそのことを覚えた俺は
射精が目的とちゃう自慰や性行為に
時間を費やすことが多くなった。
いや、「費やす」て言うより
意識的にその時間を増やしていった。
結果的にそのことによって
精神の安定を得てたんやと思う。

それが依存やったと認識してしもた今、
そこへ逃げ込むことに抵抗がある。

けど、妻の冷たい態度に心が傷み
また逃げ込んでしもた。
こんなこと繰り返してたらあかん。
早よ違う精神安定剤を見つけな。

どこにあるんやろ?
俺のトランキライザーは・・・。
[PR]
by yaritai-houdai | 2010-02-25 00:29 | 告白

カミングアウト

俺ってどっちかってゆうたら「強い」方の部類に入る人間やて思てた。
どんな困難な課題でもそれを楽しみながら乗り越えていける楽天的で得な性格してると思ってた。
てゆうより、そう思い込もうとしてたんかも知らん。
けど、実際はぜんぜん違てた。
俺の心は弱くてずっと悲鳴をあげてた。
でも、それに気づけへんかった。
いや、「そんなはずはない」て思て、自分の心の悲鳴を聞かへんようにしてたんかも知らん。

タイガーウッズが何人もの女性と浮気して世間を騒がした。
1ダースを超えるお相手が現れて「なんともお元気」なんて他人事に考えてた。
後日報道で「セックス依存症」の治療のために入院するとかていう話を聞いた。
「なんやそれ?」て思たけど、特に気にせぇへんかった。
でも数日前、ふとその言葉「セックス依存症」が頭をよぎった。
気になってネットで検索してみた。
いかがわしいビデオのタイトルも出てきたけど、実際に苦しみながら戦ってきた人のHPが目に留まった。
チェックリストもあったから試しにやってみた。

続きを読む
[PR]
by yaritai-houdai | 2010-02-21 22:52 | 告白

ここでしか書かれへんから・・・

もう寝なあかんて思いながらビールを飲んでたら
ついついこんな時間。
最近は滅多に更新せーへんココやけど
ちょっとココで愚痴っていこうて思う。

最近、気持ち的にしんどい。
「うつ」になる人には元々「気質」みたいなもんがあって
自分はそんなもんには性格的に無縁やて思てたし、今も思てる。
けど、こないだ「うつ病のチェックシート」みたいなもんを見てたら
「朝から気分が冴えない」とか
「小さなことがいつまでも気になる」とか
今の自分に結構あてはまる項目があって
ちょっとビックリ。

ほんまに病的なとこまでいくとは思わへんけど
予備軍の2軍くらいには入りそうな気もせんでもないのが正直なところ。

でも、ここでこんなことが書けるくらいやから心配はありません。
基本的に性格的に楽天的やし「出たとこ勝負」てゆう考え方が
根底にあるから将来のことでクヨクヨ考え過ぎたりすることはありません。

どんな結果も「自分にとってふさわしい状況」やと思うから
今はとりあえず目の前にある課題をクリアすべく
一生懸命がんばろうと思います。
結果は後からついてくるもんやし・・・。

自分は相手のために精一杯がんばろうて思てます。
きっと誰よりも相手の役に立てるていう自信もある。
けど、相手が自分を選べへんかったらそれはそれ。
仕方ないことやし、そのことによる結果は俺も受け入れるし
相手もその結果によってもたらされる状況に耐えてもらわなしゃあない。
自力本願のような他力本願のようなややこしい話やけど
とにかく俺にできるとこまでは俺がするし、
そっから先は相手が最終的に判断すること。
ややこしいことも紛らわしいことも、欺いて騙し取るようなこともせぇへん。
俺は真正面から正々堂々と向かっていきます。
どんな結果がでてもそれをしっかり受け止めます。


何のことやらわからへんよな。
えぇねん、俺の独り言やし。
ここは俺のブログやから
こんなことも許されるはずや。
俺が許しさえすれば・・・。


ちょっと、すっきりした。

おやすみなさい。
[PR]
by yaritai-houdai | 2009-03-07 01:50 | 告白

音の記憶

前の記事で「歌は世につれ」て書いたけど、これは聴覚の記憶。
歌だけやなくて音そのものにもまつわる記憶がある。
学校で下校の音楽になってた曲を聴いたら今でも切ない気持になるのは条件反射。
(高校はビリージョエルのオネスティやった)
学校のチャイムも独特の甘酸っぱさがこみ上げてくる音のひとつ。
イヤな音では目覚まし時計の「ピピッ、ピピッピピピッピピピピッ!」てゆうアラーム音。
いつもまだ寝たい時に聞く音やから、朝以外に聞いてもなんか不愉快な気分になる。

エキサイトニュースでマクドナルドの気になる「あの音」は世界共通か | Excite エキサイトてゆう記事があった。
俺は高校生の時マクドナルドでバイトしてた。
桃谷、食品産業高校、時々応援で天王寺北口店にも行った。
基本的に僕の行ってた店はお客さんが少なくて楽やったけど、天王寺北口店は忙しかった。
パン(バンズ)を焼く機械、フライヤー、肉(パティ)を焼く機械、ホットアップルパイの冷却時間を知らせるアラーム、色んな音があちこちからしてくる。
その間も断続的にマネージャーからオーダーのコールがあって手も足も目も耳もフル稼働。
「ブブーッ」「ピピピピピピピ」「ポーン」「ピピピ、ピピピ」「シックスバーガープリーズ」
ティーンズやったから耐えたけど、もう今やったら絶対無理!
あの時の音も耳に残ってるけど、やっぱり心地ええ記憶やないなぁ。
[PR]
by yaritai-houdai | 2008-09-15 09:37 | 告白

においシリーズ2 記憶のにおい

「歌は世につれ、世は歌につれ」とかゆうて
「この歌を聴いたらあの時を思い出すなぁ」てゆうのがある。
これは記憶を甦らせる歌(音)やろうて思う。
おんなじように記憶を蘇らせる「におい」てゆうのもある。

最近は嗅ぐことはないけどバスケットボールのにおいを嗅いだら
高校生やった頃、暑い体育館でドリブルしてた時のことを思い出して
甘酸っぱく懐かしなる。

サイロ(牧草)と牛糞のにおいを嗅いだら北海道で酪農実習をしてた頃の
きつくて寒くて打ちひしがれてた二十歳の頃を思い出す。

今でも時々嗅いで、その度に子どもの頃のことを思い出すのは
やけたアスファルトに突然雨が降った時のにおい。
小学生の頃、走り回ってるときに突然大粒の雨が降ってきて
雨宿りしながらみるみる黒くなっていくアスファルトを見ながら嗅いだにおい。
最近のゲリラ豪雨はあちこちで被害をもたらしてるけど、俺はこのにおいが
嗅ぎとうて、にわか雨が降りだしたら「こら大変や」とか言いながら
空の様子を見に行くフリをしてにおいを嗅ぎに出て行く。
それで目を閉じたらちょっとの間、幼い自分にタイムスリップする。

あ、お願いやからうっとりして目をつぶってる俺に声をかけて
現実に引き戻すのは、やめてな。
[PR]
by yaritai-houdai | 2008-09-12 20:37 | 告白

スキンの変更

うちの奥さん、最近になってネットを見るようになりました。
ネットサーフィンてゆうほどのもんとちゃうけど
僕の友達(ららさん)とかのブログを読みに行ったりしてるようです。

そんな奥さんの先日の言葉
「えっ、スキンってブログの背景のことなん?!!」

そうです。文字通り「避妊具」のことやと思ってたようです。
それでららさんが「スキンを変えた」と書いてるのを読んで
「大胆なこと書くなぁ。気分転換かなぁ。イチゴ味とかあるらしいしなぁ」
とか考えながら読んでたらしい。

ららさん、ごめんな。
こんな妄想してたようです。
[PR]
by yaritai-houdai | 2008-04-04 23:37 | 告白