自分しか見えへん

yarisutego.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:告白( 37 )

身辺整理

こないだからやたらと掃除をしてる。
公共の場ではものすごく整理整頓の行き届いてる俺も
自分の家は散らかり放題。
けど、こないだから目覚めたように暇があったら掃除ばっかりしてる。
なんか「最期が近いんかな」なんて心配になったりする。

先日、友達からメールがあって
「夫のマンションへ夫の留守中に娘と友達が泊まりに行くことになって
夫がいかがわしいものを出したままにしていたので片付けに行くところ」やて聞いた。
そんなものを出しっぱなしにしていたその旦那さんに同志愛みたいなものを感じた。

人間いつ死ぬかわからへん。
誰かて明日死ぬなんて思ては生きてへん。
それで誰かて誰にも知られたない秘密のものを隠して持ってると思う。
もし今、死んでその隠してるもんを見られたら人格を疑われるて思う。
かというて「それを処分せぇ」て言われたら勿体ない気もするし・・・。
人前で思われてる俺とホンマの実態の俺は違う。
けど、誰かてそうなんやろ?
夜の夫婦の営みのとき奥さんから「昼間のあんたからは想像でけへん」ていわれるけど
夜と昼は人格が違うて当たり前やんな?
こんなふうに考えてんのは俺だけなん?
みんな昼も夜も同じ人格なん?

教えて!
[PR]
by yaritai-houdai | 2007-10-21 23:59 | 告白

再入隊

奥さんは順調に隊長についていけるようになってきて
最近では「ビリーの顔を見らんかったら気持ち悪い」てゆうほど。
僕は入隊直後にあばら骨を負傷して除隊してたけど
治ってきたのと時間的(精神的)余裕がちょっとできたんで
再度入隊しました。
初めてやった時より楽に感じたけど、終った時はちょっと気分悪かった。
けど、これからしばらくの間は隔日くらいにビリーさんの顔をみようて思います。
「あんたやる必要ないやん」てうちの奥さんは言うけど
やっぱり引き締まったカラダの方がかっこええし
一生の間に一回くらいはそんなカラダになってみたいやん。
なれるかどうかはわからへんけど
しばらくがんばってみます。

報告は後日。
報告できたらええけど・・・。
[PR]
by yaritai-houdai | 2007-07-31 00:06 | 告白

あらしのよるに  しろいやみのはてで

別に台風の夜に何かがあったんとは違います。
知ってる人は知ってると思いますけど
映画にもなった本のタイトル『あらしのよるに』です。
狼とヤギが「喰う者」と「喰われる者」という立場を超え
友情を育むてゆう物語で、話題にもなったんで知ってる人も多いと思います。

読む人がそれぞれの立場をメイとガブにオーバーラップさせて
禁断(?)の関係を正当化(?)したり
真の友情を信じる心の支えとしたりしたんやと思います。

僕もそれと重なる経験をしてきました。
僕がガブで若い女性と・・・
    なんてゆうんやったらよかったんやけど、今回は僕がメイでした。

基本的に近づいたらアカン関係やったんです。
けど「真の悪人なんかそうおるもんやない」ていう僕の基本的スタンスと
認識・知識の欠如が原因で関係を持ったらアカン人と仲良くなってしまいました。
(ちなみにガブもオスですので、性的な関係ではありません。念のため)
当人たちがいくら真の友情を主張してもまわりから見たら
「不正常な関係」ていうもんもあります。
現にガブとメイもそれぞれの仲間からスパイの疑惑をかけられて
最終的にはそれぞれの仲間と離れて、ふたり深い山の中に入っていきます。
すなわち本来付き合ったらアカン関係にあるもんは、いくらなんてゆうても
付き合ったらアカンてゆうことなんです。

まして、今回の僕の場合は喰われかけてたようやし
自分の人を見る目の無さと勉強不足を思い知ったし
仲間にもたくさん迷惑をかけてしもてホンマに反省した一件でした。

おかげで2キロも痩せました。
[PR]
by yaritai-houdai | 2007-06-03 00:45 | 告白

あなたは、どっち?

ホウレン草を食べるとき俺は断然「葉っぱ派」です。
うちのおふくろは「茎派」やった。
けど僕は白菜キムチも鍋の白菜も葉っぱの方が大好きや。
ん、待てよ。野沢菜は軸(茎)の方が好きやなぁ。
てゆうことは俺は純然たる「葉っぱ派」ではないんや。
すなわち単なる優柔不断な葉っぱ好きてゆうことか・・・。
俺は一貫性のある人間やて思てたのに
なんか微妙にショック・・・

こんなことをいちいち記事にする俺はどうかしている・・・

ちゃんだなちゃん、お大事にね。
[PR]
by yaritai-houdai | 2007-02-24 00:59 | 告白

年相応?不相応?

今日は、ちょっと前から思ってたことについてちょっと・・・


二十代の頃は「若い相手としかセックスなんてでけへん」と思ってました。
まして同じ相手とやったら「数年もしたら飽きてきて意欲が湧けへんやろな」
と真剣に思ってた。
25歳で結婚した俺は「ようやっても30くらいまでかな」とか「30から先は義理かな」
なんて漠然と考えてた。

けど、実際は。。。

「私ら夫婦おかしいんとちゃう?私らより若い子らでももう数ヶ月とか
 中には数年そんなことしてないてゆう夫婦いてるのに、私らヤリ過ぎやろ」
と奥さんが言うように、この年(二人あわせて80歳)になっても
波はあるものの結構よく「いたしてる」と思う。
その気になればおそらく月に20回でも可能やと思う。
けど、それは無茶苦茶レアなことでもないんかなと
あるブログとそれに対するコメントを読んでて感じた。
それによると回数が増えてるのは浮気の罪滅ぼしみたいな理由を
夫の方が言うてるみたいやけど、俺が回数が増えたのはそんな理由と違う。
純粋に「したい」と思うし、「楽しい」てゆうのは変やけど
奥さんと二人でそんな時間を過ごしてるのが幸せやと思うから。
けど実際、月に20日もしたら寝不足になってしまうので
自分ひとりで楽しんだりしています。(言うてもた・・・)

それにしても二十歳の頃は、おんなじ相手と飽きもせず
こんなにながいことできるなんて想像もしてへんかったし、でけへんかった。
20代には20代の、三十路には三十路の、そしてきっと
40代には40代にしか感じられへん素敵な世界があるんやろな
なんて期待しつつ「夫婦ってうまいことできてるもんやなぁ」
とつくづく感心しながら楽しんでいる今日この頃です。

今日も奥さんは先に寝てしまっていますが、今日は僕も疲れてるので
おとなしく隣で寝ます。

けど、時々寝返った時に触れてしまって思わずムクムクと・・・
ってこともあったりします。
それがうちの夫婦がダブルの寝具を勧める大きな理由です。
夫婦関係の改善・修復にダブルの布団の果たす役割は大きいと思いますが
みなさんはいかがですか?
[PR]
by yaritai-houdai | 2007-02-22 00:54 | 告白

立会い分娩

俺は3児の父やけど、3回とも出産に立ち会いました。
うちの奥さんは比較的安産で、横にいててもそれほど
同情したり、いたたまれなくなることはなかったです。

妊娠中って毎日が安全日で「ナマ」でできるし
「中田氏」もOKやからとても充実した日々を過ごした記憶が・・・。

2人目の出産の前夜は、ちょうど「今から」てゆう時に破水して
あわてて病院へ行きました。
病院に着いたのが23時57分。
あとで思たけど、あと3分待ってから行ったら
入院費用1日分払わんで済んだのに。

3人目の出産は長男(6歳)、長女(4歳)といっしょに立ち会いました。
娘は、やはり「産む」性やからか、陣痛や分娩で痛がる母親を見て
涙を流していました。
しばらくは「痛いから赤ちゃんは産めへん」てゆうてたから
「立会いさせへん方がよかったんやろか」と悩んだけど
今では、よかったと思てます。

それにしても出産の時いつも思うのは、
「女の人って偉大やなぁ」てゆうことと
「男って無力やなぁ」てゆうこと。

どんだけ頑張っても逆立ちしても
女性には勝たれへんことを思い知らされます。

けど、ムサシ先生
えぇ経験さしてもろてますね。

ムサシ先生の情熱(前編)
[PR]
by yaritai-houdai | 2006-07-21 22:27 | 告白

公と私

今、これを書いているパソコンの机の上には
本やら小銭やら書類やらが山積みになって
あふれかえってる。
友人が家に遊びに来て、僕の部屋を見たら
共通して「散らかってる」てゆう評価を下す。
確かにうちの家は物が多いてゆうこともあるけど
片付いてるとはお世辞にも言われへん。

けど、片付ける能力がないかてゆうと、そうではない。
僕は職場(?)では片付け係になってる。
雑多な書類のファイリングからゴミ捨てにわたるまで
ほとんど僕が面倒をみてる。
それはパブリック・スペースが散らかってるのが
許されへんから。

プライベート・スペースかて片付いてる方が
「気持ちえぇ」には違いないと思う。
けど、散らかってても誰にも迷惑はかけへんし
それほど効率悪いてゆうこともない。

そう言いながらもやっぱり片付けたいとは思う。
でも、なかなかはかどれへん。
仕事をせなアカン時に限って、片付けたりしたくなるけど
それは逃避してるだけやろうと思う。

仕事が山積みになってるのに
こんな記事を書いてるのも、やっぱり逃避やろなぁ。

さぁ、仕事、仕事。
[PR]
by yaritai-houdai | 2006-07-18 23:41 | 告白

好きです!

大好きです。
あなた無しではいてられへんくらい。
ドキドキさせてくれるし
時には感動で大泣きさせてくれたりもする。
好奇心を刺激したり満たしてくれたり
僕を成長させてくれるあなた。

けど飽きっぽい僕はあなたと2度会うことはほとんどありません。
1度っきりの関係やけどいつまでも心に残る出会いもあります。
(中には2度目のつまみ食いをすることもたまにあるけど・・・)

この世にあなたがなかったら僕の人生は
いや、人類の文明は遅々として進まへんかったやろうと思う。

高校生の頃は1年で100以上は出会おうと思って必死でした。

今は時間も体力もなく出会いのペースは落ちたけど
それでも年に50~60とは出会ってると思う。

「一期一会」

それは人間とだけやなくて
なんとでもそうやと思う。
そやからお店で「あっ、ええかも」て思たら
ついあなたを買ってしまう。
今、自分のものにしておけへんかったら
この先、出会われへんかも知れへんと思て。

そやから僕の本棚は、まだ出会ってない出会いも多く含みながら
日々あふれかえっていくのです。

もっと早く読めるようになりたい。
速読を真剣に身につけようと思う今日この頃です。
[PR]
by yaritai-houdai | 2006-06-17 21:37 | 告白

音楽の嗜好にあらわれる人間性

バトンリレーを渡されても、そのバトンを持って逃げるのもひとつの勇気やと思う。
もらった1個のバトンを5人に渡すなんて、なんか「チェーンメール」みたいなんで
バトンは持ち逃げすることにします。
ただ、受け取ったので自分に与えられた距離は走ることにします。

☆コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
  700MB

☆今聞いている曲
  片桐麻美

☆最後に買ったCD
  冨田靖子が短編劇の朗読をしている「ROOMS 2」

☆よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲
  ・そして僕は途方に暮れる(大沢誉志幸)
  ・せつなくて(オフコース)
  ・We Can Fly(チューリップ)
  ・ねぶた(佐々木好)
  ・5月9日(国安修二)

☆カラオケで歌うのは
 (聴衆?)の年代や好みにあわせて
  「熱き心に」やビギンなど・・・No More Cry・・・

☆バトンを渡す 5 名
  渡しません。勝手に取っていくのは自由です。
  ご自由にお取りください。
[PR]
by yaritai-houdai | 2005-06-23 02:11 | 告白

ヤキモチ

嫉妬心を読んで考えた。

いわゆる「ヤキモチ」の類にはあんまり縁がない。
奥さんから「あんたはぜんぜん妬いてくれへん」と言われるくらい
嫉妬したりはせーへん。
以前は彼女(奥さん)のメル友を探すため出会い系サイトに登録して
協力したりもした。
「気にならへんの?」と聞かれたけど
「いかがわしいことをするわけやあるまいし
メールぐらい刺激になってええんとちゃうの」と思ってる。
ということで、ヤキモチに身を焦がすことはまったくと言っていいほどない。

「妬み」についてはどうかと思うけど
あんまり他人のことを羨んだり妬んだりということもない。
もともと「人は人、自分は自分」てゆう考えやから
あんまり他人が成功しようが、出世しようが気にならへん。

けど、若い頃には俺にもジェラシーが確かにあった。
好きな女の子が他の男といてるだけでモヤモヤして落ち着けへんかった。

今は「嫉妬」は自分への「自信のなさ」の表れやと思てる。
自分の好きな人が「自分以外の人を好きになるんとちゃうか」
「自分以上に素敵な人と出会うんとちゃうか」てゆうことに対する
恐れや不安が嫉妬てゆうマイナスのエネルギーの源泉やと思う。
今の俺は自信に満ち溢れてるてゆうわけではないけど
「そうなったらそうで仕方ないやん」てゆう開き直りがあるような気もする。

どっちにしろ、最近は「嫉妬」てゆう感情に縁がないなぁてゆうことです。
(そやから何や?て言われても困るけど・・・)
[PR]
by yaritai-houdai | 2005-05-31 09:42 | 告白