「ほっ」と。キャンペーン

自分しか見えへん

yarisutego.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:快感( 3 )

シアワセ

うちの子も大きなって、長男は中学3年生。
けど幼いんか、おぼこいんか知らんけどものすごく素直に育ってると思う。
晩飯を家族5人で食べるときもとっても賑やか。
彼なりに悩みもあるんやろけど明るく振舞ってる(?)。
3人の子どもたちはそれぞれの個性を持って健やかに育ってくれてることに
心から「幸せやなぁ」と思う。

奥さんは「はよ大きなって、はよ出て行ってくれたらええのに。
そしたら二人で過ごせるのに」てゆうけど、俺はこの状況をもっと楽しみたい。
二人の第二の人生も楽しみやけど、やっぱり子育てはエキサイティングやし
人生の醍醐味があるて思うから存分に満喫しておきたい。
てゆうても末っ子が小2やからもう10年ほどで手元を離れて行くんやろなぁ。
そう考えたら残り少ないなぁ。
よっしゃ!気合い入れて親バカしとこっと。
[PR]
by yaritai-houdai | 2008-05-09 11:40 | 快感

粘膜で感じる快感

 「耳掻き」について ぎょうさんのコメント「おおきに」でした。

実は、子どもの頃「これに勝る快感の瞬間はない」と思てたもんがあります。

恥ずかしいけど、匿名やし、この際正直に言います。

それは、


それは、


大便が肛門を通過する瞬間です。

えーい、ゆーてしもたったぁ。

そう、硬からず柔らかすぎず
適度な硬さの
そして、適度な太さによる圧迫感が
タマらなく気持ちよかった。
「これはこの世で最高の恍惚の瞬間や」
 と、子ども心にそう確信してました。

これって、女性的な快感なんやろか?
(ゆーとくけど、そっちの趣味はないでぇ!)

うちの奥さんはイキ方が男性的で急降下やし
俺が女性的やからウマいことイケてんのかなぁ?

コメントしにくい中身でごめんなさい。
黙殺していただいて結構です。慣れてますから・・・。
[PR]
by yaritai-houdai | 2004-06-17 13:55 | 快感

気持ちえーこと

 世の中には気持ちえーことがよーさんある。
人生は、それと出会うためにあるてゆーても過言やない気がする。

俺にとって、今、最大の関心事

それは、


「耳掻き」

穴の奥をやさしく
時に強く激しく (痛っ、出血してる・・・)

大きな耳○○がゴソッと取れたときの快感・達成感は
何ものにも替え難い。

昔、散髪屋でおっちゃんが使(つこ)てた円盤型の耳かきが
欲しゅうてGoogleで検索したけど、発見できず・・・
けど、耳掻きフリークの多さに我が意を強くした。

あー、最高の耳掻き棒に出会いたい。
そんな「出会い系」ないんやろか。

奥さんの前で堂々と、自分だけ快感に浸る。
あぁ、考えただけでも濡れてくる(あっ、耳ダレが・・・)
[PR]
by yaritai-houdai | 2004-06-16 09:16 | 快感