「ほっ」と。キャンペーン

自分しか見えへん

yarisutego.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

俺とBLOGの関係

「不倫」と「浮気」について。

結婚している人が配偶者以外の人と恋愛関係
(もしくは恋愛感情のない肉体関係)になることを
総称して「不倫」やと俺は認識してる。
そういう関係のうち、あくまで配偶者が本命であり
それ以外の彼(彼女)と添い遂げようていう
決意がなくて遊びで?付き合ってるのが「浮気」やと思う。

「浮気を遊びと考えて本気になったことがないのでしょうね」
なんてゆうのは言葉の矛盾。
真剣になったら、それは「浮気」やのうて「本気」。

婚外恋愛がすべて悪やとは言えへん。
結婚してから真に愛し合える人と出会うことかてそらあるやろ。
けど、結婚てゆう契約を社会的にしてる以上、
その関係を維持したままで配偶者以外の人と
カラダ(心)の関係を持つことは「倫理にあらず(=不倫)」
と言われても仕方ないて思う。


「何が正しくて、何が正しくないなんて
誰にも言えないんですよね。正しいと見えることも
逆の立場から見たら正しくなかったりして、
結局、自分が素直でいられるかどうかが
大切なんですよね。」
こんな屁理屈にもならない勝手な理論を展開して
自分の行動を正当化しようとする人が(少なくなく)いてる。

別にBLOGは何を書こうと自由やし、
どんなコメントをしてもかまへん。

けど、けどや!

葛藤して誰かに打ち明けずにはおられへん。
聞いてもらわずにはおられへん。
でも、誰かにたしなめられたい。
叱ってほしい。
よくないことはわかってるけど自分では、よー引き返せへん。
そやから誰かに諭されたい。

不安定なヤジロベーみたいな心理状態でBLOGに来る人も
数多くいてる。
ここで出会ったコメントがその人の人生を
左右することかてあると思う。
そら、それも運やてゆうたらそれまでやけど、
そんな人の良心の葛藤を
合理化して鈍感にさせるような論調が
堂々と展開されるのがタマらへん。

そやから、そーゆー不安定なBLOGを見つけては
必死で引き戻そうとしてきたつもり。

最初のうちはコメントでやりとりしてても
良心の呵責もなく別れる気もなく開き直って
婚外恋愛の関係を続けてる人とはついつい疎遠になる。

今が婚外恋愛であっても、
今後その愛を貫こうと決意してる人なら
状況によっては応援するかも知れへん。

そうとちごて「夫婦」ていう肩書きだけ維持して
欲望(肉体だけやなく心の触れ合いなどもすべて)のために
そうゆう関係を維持してる人ととは、
なるべく深くかかわりを続けへんようにしたいと思う。

いわゆる「不倫」てゆう関係が珍しいもんでもなく
そこらじゅうにゴロゴロ転がってる事例やてゆうことは
否定せーへん。

けど、数が多いから「普通」やとは
ゼッタイ思いたないし、思たらアカンのやと思う。
そやからそんな考えを助長するBLOGを避けようて思うんかもしらん。

誰だって弱いし、自分に都合のええ理屈ばっかり吸収しようとしてしまう。
エキブロだけでも5万以上あるし、ネットには数十万をゆうに超えるBLOGが
あるから、そんなBLOGを探すのは、そう難しくないて思う。
けど、俺はそうゆう理論に浸かってたら
自分もそう思ってしまえへんとは言われへん。

「君子危うきに近寄らず」
ずるいかも知らん。けどそれが俺の選択。

今回の記事を読んで
幾人かの人がこのBLOGを去るかもしらへん。
けど、それはそれでええと思てる。
人間、八方美人では生きていかれへん。
真に大切なもんを守るためには
そうとちゃうもんを失うことを恐れたらアカン。

自分にとって何が真に大切で
何が大切と違うかを見極めることが大事やてゆうこと。

(最後の数行は自分に向けて書いた文章です。)
[PR]
by yaritai-houdai | 2004-08-24 23:36 | 主張

「イカせてあげたい」OR「イカせたい」?

女性がイクことと男の自己満足

俺の場合は、ちょっと以前までは「イカせて」と言われて
イッてもらえるよう一生懸命ガンバってた。
自分は発射せずとも彼女だけを眠らせて
終わることも(その方が)多かった。

ケンカしたりしてる時は、負けん気な彼女が快楽の波に
飲み込まれて女の声をあげるのを
征服したような気持ちで攻め続けたりした。

見てたらわかるし
「イった?」なんて聞いたことはない。
(彼女いわくは「フリしてるんや」らしいけど)
「ご満足いただけましたか?」て聞くことは
たまにあるかな?

「イカせたい」も「イカせてあげたい」も
固定的なもんではなくその時々の
二人の関係で変わってくるもんやと思う。
ただオスとしてはやっぱり「ヤル」以上
「イキたい(出したい)」し、
自己満足だけではさみしいようなカッコ悪いような気がするので
一緒にイってもらいたいし、征服欲を満足させるためにも
「イカせたい」んやと思う。

あ、それから
「杏のちょっぴりえっちな・・・」にも書いてたけど
恥ずかしい言葉言わせたがったりするのは
彼女の日頃からは、彼女が口に出すことすら
想像できない言葉を言わせることによって
彼女の「非日常」を自分だけが独占するてゆう
欲望が満たされるんとちゃうやろか。
これは「イカせた」姿を見ることにも通じると思うけど。

なんか後半は「イカせたい」ONLYになってしもた感じやな。
[PR]
by yaritai-houdai | 2004-08-21 00:58 | 雑感

そうやってバランスを保ってるんかも

俺の記事に時々、トラックバックしてくれてる
<斬りまくり★情事日記>さん

最初のトラックバックは同じ記事に何個もあって
「業者の営業?」と思たけど、
トラバ拒否もしてないし、自由やから
「全部消すのは悪いかな」と思て、残してた。
そしたらまた新たなトラバ。
「一体どんなBLOGやねん?」と思い
過去の記事を含めて読んでみる。
コメントも多く、人気BLOGのよう。
読みすすんでいくうちに
男と思ってた作者が女性やということに気づく。
スケベな俺はそこで急に見る目が好意的になる。
「あー、それで男の心の声の文章が違和感あったんや」と納得。
けど、核心はついてるその文章に少し関心、いや感心する。
そしてその中で特に「ビビビ」と来た(表現がオッサン?)
記事が↓コレ!

エロい人のほど純粋ぶりたがる傾向と対策

こないだ心理学の本を読んでたら
「平常時に予測する行動と
実際、現場に直面したときの行動とには
大きな隔たりがある」と書いたあった。

平常時には倫理的・理論的に
考えられるけど
いざ、その場になったら
本能的にというか「素」がでてしまうみたい。
それが自分でもわかってるから
余計に、平常時にそれを埋め合わせるくらい
倫理的であったり、純粋であったりしようとするんかも?

なんて理論的なことをBLOGに書いてる
俺の非倫理性がバレバレやわな・・・(T_T)
[PR]
by yaritai-houdai | 2004-08-19 14:08 | 雑感

どこへ行きたいんですか?

世の中はお盆休みとあってどこも混雑。
大渋滞のニュースがあちこちから・・・。

けど、俺の言いたいのはそんなこととちゃう。

BLOGの話。


-夫以外の男性に恋をしてしまった(もしくは寝てしまった)
心が苦しく、はやくその関係を終わりにしなければ-

そんな思いで書き始めたBLOGやと思い読みはじめる。

途中、欲望や現実逃避などいろんな葛藤があるけど
最初、目指した方向への模索やと思て読み続ける。

-やっぱり、今の私にはあの人がいなければ-
-本当に私のことをわかってくれるのは、あの人-

いつの間にかその関係を応援するコメントまで出てきて

-困難はあると思うけど、両立?して頑張っていく-

そら自分の人生やからどう生きようと自由やけど
なんか裏切られたようなさみしいような複雑な感じ。

悪いけど俺は
そういう方向に行くBLOGを応援は、よーせん。

これも俺がBLOGのリンクに慎重になる理由かも。
[PR]
by yaritai-houdai | 2004-08-15 11:43 | 雑感

トラックバック

独り言

僕がよく読む(探してる)BLOGには、いくつかのジャンルがある。

政治・風俗に働く女性・不妊・子育て・純粋・医療・・・

そして「浮気」や「離婚」について書かれたBLOGもよく読んでる。
あまりの自分勝手さに不愉快になって腹を立てたり
自分の過去を反省したり、同乗・・・違う、同情したり、
励ましたり。

中には「自分の言葉よりも、このBLOGを読んでほしいなぁ」て
思うBLOG もあって、そーゆー時は、その記事にコメントして
筆者を「自分しか見えへん」にひっぱってきたり、トラバしたり。

直接「読んで」とは言えへんけど、期待通りその記事を読んでくれたりすると
「よかった」て思う。(ハメられたて思わんといてな。あくまで善意やから。)

第三者やから、客観的に被害者の気持ちも加害者の立場も理解できる。
そう思て時々意識的に交通整理をしたりする時もある。

この有機的なつながりがBLOGの醍醐味なんやろなて思う。
[PR]
by yaritai-houdai | 2004-08-11 01:31 | 雑感

リンクは一大事!

いろんなBLOGを読ませてもろてる。
確かに勉強になる気はする。

種々雑多な考え方に触れてカルチャーショックもしばしば。
いくつかリンクしたいと思うBLOGもある。
記事によってはひどく共鳴することもある。
けど別の記事を読んで、ひいてしまうこともある。

「リンク」の機能は記事が更新されたことを教えてくれる
とっても便利な機能やと思う。
けど、リンクにはそのひとの個性が表れると思う。

出会いに関しては積極的な俺やけど
リンクに対してはものすごく慎重になってしまう。

あのBLOGにはリンクして
このBLOGにリンクせーへん

その違いは何よ?て言われたら・・・

「リンクしてない=読んでない」とは違う。

けどリンクは「運命の赤い糸」みたいに思うから
リンクの数が増えへん・・・。

今日は、ちょっと思い切って
リンクを増やしました。
(先方には断ってませんが、ネットではリンクフリーが前提なのでいいでしょう)
[PR]
by yaritai-houdai | 2004-08-04 17:44 | 主張

ないものねだり

大手小町の発言小町

俺の知人に割りと裕福な夫婦がいてる。
彼らには子どもがなく、スノボに行ったり
旅行に行ったり、自由を満喫してるように見えた。

俺はてゆーたら、もう長いことスキー場すら行ってへんし
そんな自由なことぜんぜんしてへん・・・・

ちょっと
「えぇなぁ」
て、思てしもた。

けど、彼らの家をあとにしながら
「待てよ、あいつらにはない幸せを俺は持ってるやんか」
「疲れに行くような子どもの付き合い」も
逆に彼らには体験でけへんもんやんか。

30を過ぎて帰宅時間を気にせんと遊びにいけるのも
ある意味羨ましいけど
それは、しょせん「ないものねだり」や。
俺は自分の持てる状況の中での幸せを充分に満喫したら
それでえーんや。
ひとはひと。自分は自分。

どっちの方が得か、幸せかなんて誰にも評価でけへんねんし
自由がよかったら、結婚せんかったらええんやし
子どもも産めへんかったらええんやもんな。

独身のユキちゃんの鋭い指摘は「まったくその通り!」

そんなこんなで俺は今の環境を
思いっきり満喫してます。

チビちゃんの変身ベルトの効果音がやかましく
落ち着いてテレビも見れない環境も
見方によればとっても幸せ?
[PR]
by yaritai-houdai | 2004-08-02 23:55 | 雑感