自分しか見えへん

yarisutego.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ほんま結婚て、なんやろね

結婚ってなんだろう?
てゆうカフェオレちゃんの問いかけに考えた。
この3日間ほど、ずっと考えた。

以前にも「結婚」について書いたこともあるけど
今回はカフェオレちゃんの問いかけに対する視点から書いてみようと思う。
(長いけど覚悟して読んでください)


ひとつめの視点は子ども(出産)について。
以前、とある女性と付き合い始めるとき、彼女には彼氏がいてた。
その彼氏との関係を少し考え直しかけてた時やった。
彼は酒屋の息子で後継者。自分にもあととりが必要やと考えてたらしい。
ある日、彼女が「もし私が子どもを産まれへん体やったら、どうする?」て聞いたら
「結婚でけへん」と答えたと。
それを聞いて俺は彼女に
「そんな男とは別れてしまえ!そいつはおまえのことを愛してるんとちがう。」
てゆうて別れさせたことがある。
俺は「子ども」は大好きやけど、それは結婚の条件やないと思う。
遺伝子を残したいてゆう本能はあるけど、それが結婚の目的やない。
今、俺には3人の子どもがおるけど、もし許されるなら4人目もほしい。
奥さんが「産みたない」てゆうから「養子でもええ」と思ってる。
「自分の子ども」やから好きなんか、「子ども」そのものが好きなんか
自分自身を見つめなおしてみるのもええかも。

自分の遺伝子を持ってる子どもを育てるが故につらい時もある。
俺は自分自身がアレルギー体質やから、子どもにも必ず遺伝するやろなと思てた。
そやから「少しでも安全なものを食べさせてやりたい」
「すこしでもいい環境の中で育ててやりたい」そう思て
田舎へ移住して(無農薬の)農業を始めた。
けど今、長男はシーズンになると「花粉症」で苦しんでる。
目も腫れ鼻は詰まり、呼吸するのも苦しそう。
「薬をきちんと飲め」てゆうてもなかなか飲めへん。
それで俺に向かって
「どうせ薬飲んだかて治らへんやんか、体質なんやから」てゆう。
そう言われたら返す言葉がない。俺の体質を受け継いでるんやもん・・・。

ええ意味でも悪い意味でも遺伝子を引き継ぐてゆうのは重たいことやと思う。
そーゆーことを結婚前に考えるてゆうのは、考えへんより意味のあることや。
けど、いくら考えたからてゆうても事態は進めへん。
考えたら、その考えをしっかり持って前へ進んでこそ
その考えたことが活かされると思うんやけど、どうかな?


ふたつめは、やっぱりお互いをどう思うかってゆうことやろ。
たしかに最初から「結婚したい」て思える相手て、そーおらへんやろ。
今回、この文章を書くにあたってうちの奥さんにも聞いてみた。
「なんで俺と結婚したかったん?」て。
(うちの場合は奥さんからの強いアプローチで結婚したので)
「単に結婚したかったんか?俺と結婚したかったんか?」て聞いたら
「たしかに結婚に対する憧れはあったけど、やっぱり○○っちゃんと結婚したかった。」(*^^*)
そんな答えが返ってきた。それで続けて「あんたは違うんやろ?」て言われた。
たしかに俺は、まだ結婚したいとは思てなかった。
けど「こいつとやったら、ずーっといっしょにおってもええかな」とは思ってた。
熱烈な恋や情熱はいつか冷める時がくるけど
それ以降もずっといっしょにおりたいと思える相手かどうか。
それが肝心なんかも知れへん。
ものすごく現実的で、なんか夢のない話みたいやけど
その熱病が冷めたときにどこまでお互いのことを思いやれるかどうかが
良好な夫婦てゆう関係を維持していくための大事なポイントになるんやと思う。

昨日、布団に入ってそんな話を色々としてました。
レス夫婦のBLOGを読んでたら
仲はええけど家庭を支える「同志」になってしもて
お互いのことを恋愛の対象として見られへんようになってるとこが多い。
俺らはそんなふうになりたくない。
するとかせーへんとかやないけど
いつもええ意味での緊張感を持ってたいなぁて話をしながら寝ました。
(寝る前にちょっと・・・   18禁   ・・・・  おかげさまで・・・  )

夫婦って確かに恋人の延長線上では考えきれへんこともある。
けど、あくまで相手のことを好きやなかったら続けていかれへん関係でもある。
経済や家族やいろんなことが条件にあげられるかも知れへんけど
「ずっと好きでいられそうかどうか」
それが結婚するかどうかの条件に尽きるんやと思うけど・・・。


長々ダラダラと書いてしもたけど、参考になったかな?
[PR]
by yaritai-houdai | 2005-01-19 10:36 | 雑感

スローフード

お湯を入れたら3分で出来上がるラーメンは
すぐに冷めるし、のびるのも早い。

注文したら笑顔といっしょにすぐに出てくるハンバーガーは
冷えたらチーズもパンも固くなって食べられへん。

火加減を調節しながら厚いお釜で炊いたご飯は
取り立てて魅力はないけど、冷めてもいつまでもおいしい。


手軽なもんを追い求めすぎて
その過ちに気付いた人類が
たどり着いた答え

それが「スローフード」


て、ゆうことやで。
りるちゃん。
細い月と夕闇
[PR]
by yaritai-houdai | 2005-01-13 10:47 | 雑感

去年よりも、いい年に

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


この年になったら
「お正月」のドキドキ感は、あらへん。

どっちかてゆうと
お年玉あげたりで出費が多くて
気が重い時期かも知らん。

けどやっぱり正月には
「今年をこんな年にしよう」なんて
決意めいたものを持つのが人の常。

なんか最近の社会の状況を見てたら
大きな夢は持ちにくいけど、とりあえず
「去年よりは、ええ年にしたい」と思う。

365日てゆう長いスパンでトータルで
「ええ年」にするには日々の積み重ねが大事。

まずは1日1日を大事に生きるてゆうことやね。
簡単なようで難しい「毎日を大切に生きること」
今年はこれに正面から取り組むことにしよう。
[PR]
by yaritai-houdai | 2005-01-01 01:39 | 主張