自分しか見えへん

yarisutego.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

自己矛盾

「しんぞぉのおんな」の何度だって 世界に初見するんだを読んで思った。

誰かに表現したくてブログを書く。
けどその事実で自分を特定されたら困るから匿名で書く。
けど内容に関しては、かなりプライベートやし
かつローカルな内容もあるから、書けば書くほど
自分の実像へと続く道をつけることになる。

その結果、自分を特定した人から指摘を受け
本人発覚と同時にブログを閉鎖してしまう。

知られたくないけど知ってほしい。
理解してほしいけど、判られたくない。

人間て、なりやっかいな存在みたい。
[PR]
by yaritai-houdai | 2005-04-30 00:52 | 雑感

気分転換

春やから   ・・・てゆうわけとはちゃうけど
結構みんながスキンを替えたりしてるし
ちょっと俺も違うのにしてみようかな?なんて思いました。

ところで、
俺にとっての「気分転換」て何やろ?

俺はタバコは吸うたことがあらへん。
どっちかてゆうたら煙たいしタバコの臭いも嫌い。
前に農作業をしてたころは、「一服」とかゆうて
休憩する口実のあるスモーカーがちょっと羨ましかった。
けど、吸いたいと思たことは一回もあらへん。

酒(アルコール)はキライやない。
てゆうよりも好きな方やと思う。
けど、暗い気分の時やしんどい時に飲みたいとは思わへん。
「酒は楽しく飲むもの」てゆうのが信条やから
酒の力を借りて気分を変えようとか思たこともあらへん。

癒(し)らしいビデオは正直ゆうて大好きです。
けど、癒されるのはその時だけで
ストレスが解消されたりはせーへん。
(一時的に解消されるのは性欲だけ?)

歌うのは好きやけど
カラオケが好きなわけでもない。
行ったらバービーボーイズやら小林旭やら
なんでも歌うけど、それはその場をみんなで楽しむためで
自分の欲求からのもんでもない気がする。

若い頃は、一人旅が好きやった。
あてもなく、予定もなく、ただフラフラと風の向くまま気の向くまま
お金がなくなるまで彷徨うような旅が好きやった。
各駅停車の車内で退屈な時間をもてあまし
目的もない思考をただただめぐらせたりして
お金が底をついて帰路につく頃には
なんとなく新しいエネルギーが
体の中から湧き出してくるような感触を味わってた。
けど、妻帯者となって十数年
そんなバカなことはでけへんからしてへん。

こうやって考えてみると
俺って気分転換が下手なんやろか?
奥さんからは
「他人のために苦労ばっかりして可哀想な人」
て言われたりする。
(かく言う奥さんも俺に苦労をかけてる人間の一人やけど・・・)
けど、俺は自分のことを可哀想やとか思たことはあらへん。
どっちかてゆうたら「シアワセ」な部類に入る人間やと思ってる。
なんでか?てゆうたら、
世間一般でいう「苦労」を、俺は「苦労」やて認識してないから。

前にも書いたことがあるかも知れへんけど
人間てゆうのは、必要な時に必要な人と出会うし
人生にとって必要な試練が必ず用意されるようになってると思てる。
そやからそれは「苦労」やのうて
「課題(レッスン)なんや」て考えてる。
別にそう考えた方が楽やからとかゆうわけやのうて
本心から純粋にそう思ってる。

そんなお気楽な俺には「気分転換」てあんまり必要ないんかも知らん・・・。

人生て短いから
「何かを忘れるために、何かをして過ごす」てゆうのが
勿体なく感じる俺は、変やろか?
[PR]
by yaritai-houdai | 2005-04-20 01:10 | 告白

心を亡くしていませんか

先日、金八先生が終わりました。
僕は子どもの頃から国語が好きでした。
てゆうか得意な教科は国語くらいで
その他はどっちかてゆうと苦手でした。
で、金八先生の国語の授業は好きでした。
以下の話が金八先生の話だったかどうかは
定かではありませんが・・・。



よく漢字の成り立ちについての話があるけど
今でも心に残っているのが

「いそがしい」の「忙」てゆう字についての話です。

この字は「りっしんべん」(こころ)と「亡くなる」てゆう字からできてる。

すなわち「忙しい」てゆうことは「心を亡くしてる」状態やてゆうことなんです。

毎日毎日、色んな仕事やしなければならないことに追われてる生活であっても
「忙しい」状態にだけはならないようにしようと心がけてます。
やるべきことやしてあげる対象があるってことは
充実してるってことやもんね。
ハートをなくして誰かの役に立つ仕事なんかできるはずないし
心はいつでも亡くさんように大事にせなあかんね。


漢字能力検定1級のヤリホーさんから
少し漢字のお話****

生(ナマ)の心って書いて「性」てゆうのは、なんかとってもうなづける。
心が交わる「恔」て書いて「こころよい」てゆうのも納得。
そして何よりも自分の心はわかりにくいものやから、自分の心がわかるようになったら
「悟」てゆうのも哲学的ですね。

じゃあ、また。
[PR]
by yaritai-houdai | 2005-04-08 01:13 | 主張