「ほっ」と。キャンペーン

自分しか見えへん

yarisutego.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スキンシップ

昨日、あばら骨を負傷して入隊直後に負傷兵になったヤリホーです。

今日もいつものように奥さんと一緒にお風呂に入りました。
陣内・藤原夫妻は「早く一緒にお風呂に入りたい」と言うていましたけど
確かに交際中は一緒にお風呂に入るのはドキドキもんでした。
入浴だけとちごてマッサージがあったり剃毛があったり
それはなかなかエキサイティングなバスタイムでした。
けど、いつの間にかスッポンポンでお風呂から出てくるようになって
相手の裸体にときめかへんようになって、触るのは行為のときだけ
みたいになってしまってました。
今日は、二人前後に並んで体を洗ろてたら「マッサージして」て言われました。
乳房を引き上げるマッサージで体中の脂肪(?)を乳房に寄せて
乳房は上向きにリンパのほうに毒素を追い出して形がツンとなるように
後ろから手を回して丁寧に揉みしだき・・、とちごてマッサージしました。
やっぱり立ってたら「引力に負けて乳房が下がる」てゆうたら
僕の太ももにもたれかかって仰向けになった状態で
「乳房よ上がれ!乳首よ上を向け!」とのエネルギーを込めてマッサージしました。
(その間も奥さんはビリーさんを思い浮かべながら腹筋運動をしてました。浮気者め)

その後、話したんは「こーゆー触れ合いって大事やよね」ってこと。
日頃は指一本触れもせんと、触るのは「ヤル時だけ、そこだけ」ってゆうのは
やっぱり悲しいよなってことをあらためてお互いがしみじみと感じました。

入浴後は子どもたちと乾杯。(特に意味なし、子どもたちはサイダーでした。)
8時過ぎに友人の乱入もあって、かなり酔っ払って11時頃ようやくベッド・・・、
違いました、布団インしてもつれ合いました。
いつものように奥さんは僕をおいて先にイッてしまいました。
それでも僕は満足(大満足ではないけど)です。

ノロケかも知らんけど、みんなに報告しておきたくて
疲れを振り切ってコンピューターの前に座りました。
とにかく「その時」以外に触れ合うっていうのは大事っていうことを言っておきたかった
今日の体験でした。

奥さんいわく「乳首は女のアンテナ」だそうで「ツン」と立ってるほうが
いい出会いがあるそうです。
奥さんのアンテナを立たそうとしてたら僕のアンテナが立ってしまったのは
僕にいい出会いがある証拠なのでしょう。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ 出会いを求めてブログ村に参加してみます
[PR]
by yaritai-houdai | 2007-06-25 00:03 | 主張

ブートキャンプ初日

入隊前 体重63kg 体脂肪率18%

先に入隊した奥さんは今日はDISK2にチャレンジしたそうで
帰宅してDISK1に挑戦する僕の横でまた一緒に動いてました。

日頃からそれなりに動いている僕は皆さんの体験談で読んでたほど
えげつないことにはならんと無事にミッションを終了することができました。
それでも日頃あんまり汗をかけへん僕が汗びっしょりになって
直後の体重も500gくらい減ってました。

「結構きくかも」ていうのがやってみての感想。
ま、とりあえず1週間続けてみようかと。
基本的にずぼらな性格なもんで続くかどうかは甚だ疑問ながらも
熱い奥さんの影響もありしばらくは「ワンモアッ」の声が響きそうな我が家です。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 全国のオヤジたち がんばりましょう!
[PR]
by yaritai-houdai | 2007-06-22 22:12 | 雑感

ついに来ました

ビリーさん来日したようですね。

我が家にも来ました。
ブートキャンプ。

夕方、家に帰ったら奥さんはすでに1戦まみえたようで疲労しきってました。
なかなか「リズムにはついていかれへんかった」そうですが
それでもあちらこちら痛がってました。
2時間ほど娘と外出したらその間に再チャレンジしたそうで
輪をかけて疲労困憊してました。
けど、なんかやけにテンションは高い。
ビリー効果なんやろか?ちょっと不気味・・・。

食卓で食後に作業をしてたら、今度は小学1年生のおチビちゃんが
DVDを見ながら一生懸命ビリってました。汗を光らせながら。
「お前には絞らなあかんとこないやろ」と突っ込みたかったけど
一生懸命ブラウン管のビリーにあわせて動いてる姿を見たら
何にも言えませんでした。

それにしても「恐るべし」です。
みんなが「恐るべし」てゆう言葉を使う意味がわかるくらい「恐るべし」です。

ちなみに僕は今夜は忙しかったんで明日から入隊することにします
  ・・・って、もう今日やん?!
[PR]
by yaritai-houdai | 2007-06-22 03:19 | 雑感

中年夫婦の幻想

何回かテレビで見た。
最初見たときは「またその類のひとつやな」としか思わへんかった。
けど体験者の話を読んだり聞いたりしてたら「面白そうやな」て思うようになってきた。
結果が出るかどうかは別にして体を動かして汗をかくのは楽しそうやなと思った。

で、夫婦の会話でこのブートキャンプが話題になった。
そしたらうちの奥さんも知ってて「買えへん?」てゆうことになった。
最近は毎晩酒びたりで少し(?)ふくよかになってきた奥さんも興味津々の様子。
毎日乗られて空気の抜けてきたバランスボールに座りながら
スリムに引き締まった自分のボディを想像してるんでしょう。

てなわけで買うことにします。
結果については報告できるようなら報告しますけど・・・

ビリーまでの道。
ビリーさんは51歳らしいんで、あと9年あるからゆっくりやることにします。
[PR]
by yaritai-houdai | 2007-06-14 08:43 | 雑感

あらしのよるに  しろいやみのはてで

別に台風の夜に何かがあったんとは違います。
知ってる人は知ってると思いますけど
映画にもなった本のタイトル『あらしのよるに』です。
狼とヤギが「喰う者」と「喰われる者」という立場を超え
友情を育むてゆう物語で、話題にもなったんで知ってる人も多いと思います。

読む人がそれぞれの立場をメイとガブにオーバーラップさせて
禁断(?)の関係を正当化(?)したり
真の友情を信じる心の支えとしたりしたんやと思います。

僕もそれと重なる経験をしてきました。
僕がガブで若い女性と・・・
    なんてゆうんやったらよかったんやけど、今回は僕がメイでした。

基本的に近づいたらアカン関係やったんです。
けど「真の悪人なんかそうおるもんやない」ていう僕の基本的スタンスと
認識・知識の欠如が原因で関係を持ったらアカン人と仲良くなってしまいました。
(ちなみにガブもオスですので、性的な関係ではありません。念のため)
当人たちがいくら真の友情を主張してもまわりから見たら
「不正常な関係」ていうもんもあります。
現にガブとメイもそれぞれの仲間からスパイの疑惑をかけられて
最終的にはそれぞれの仲間と離れて、ふたり深い山の中に入っていきます。
すなわち本来付き合ったらアカン関係にあるもんは、いくらなんてゆうても
付き合ったらアカンてゆうことなんです。

まして、今回の僕の場合は喰われかけてたようやし
自分の人を見る目の無さと勉強不足を思い知ったし
仲間にもたくさん迷惑をかけてしもてホンマに反省した一件でした。

おかげで2キロも痩せました。
[PR]
by yaritai-houdai | 2007-06-03 00:45 | 告白