自分しか見えへん

yarisutego.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

夫婦とは

結婚をして「夫婦」になる。
趣味や嗜好、思想や信仰、利害やと色々なもんの一致によって、もしくは外見や性格が好きやからていう理由で多くのカップルが(前提としては)生涯の伴侶として結婚ていう法的措置を選択するんとちゃうかと思う。
それ自体は普通に考えたらごく当たり前のことやとも思うけど、先日ふとその考え方に疑問が湧いた。
「夫婦」やからって、すべてが一致するわけやないし、二人の中だけでまかなえるもんやないということ。
これも当たり前のことやけど、よくよく考えたらそんな相反する当たり前を抱えながら共同生活してるのが夫婦ていう人間関係なんやてあらためて思た。
何が言いたいかていうたら、たとえばお互いを尊敬してる関係が樹立されてる夫婦やといえども性的嗜好が一致してるとは限らへん。
離婚する夫婦がどんな理由で離婚するかはわからへんけど、その多くが「性格」の不一致とちごて「性」の不一致やていう話を聞いたことがある。
昨今はセックスレスなんていうのが、夫婦間の大きな問題として取り上げられるくらいやからこの話はあながち嘘とはちゃうやろう。

「性」以外はバッチリの相手のときほど、この不幸は大きな問題のような気がする。
DVは言うに及ばず、多くの不一致があるペアやったら別れるていう選択はそれほどハードルが高ないはず。
けど、夜の関係以外はとてもいいパートナーやていうときは物凄く悩ましい問題やと思う。
夫婦によったらそのウェイトが低い人らもおるやろけど、一般的にこの問題はそんなウェイトの軽い問題とはちゃうと思う。
けど、夫婦ていう関係上この欲求(欲望)をパートナー以外で満たすことは法的・倫理的に今の日本では認められてへん。
「そんなこと当たり前やん」ていうかも知れへんけど、その当たり前が多くの不幸を生み出してるのも事実やと思う。
別に不倫や浮気を合理化してるわけとはちゃうし、かつての自分のおこないを正当化しょうなんて考えてもないです。
ただ、ふと「何やったらパートナー以外で満たしてもよくて、何やったらあかんのやろ?」って思て、その基準はどこにあるんやろて考えた。
俺自身、これが正解なんていう気はないし、お互いの関係性の中で探っていったらええもんやとは思う。
けど、これだけ激しく価値観が変わっていく時代の中で従来の「当たり前」に縛られて不幸になってる夫婦がいてるのを見ててなんか解決方法はないんかなと思て、書いてみた。
読んでもろた通り、こうすべきなんて方向性もないけど、ほんまにふと思った問題意識(ていうほどでもないけど)を書いてみただけです。

ちなみにわが家は人生のほとんどの部分で重なってるので今のところよそでまかなわなあかん課題はありません。
ただ先日、奥さんと「外で刺激を受けてきてそれが夫婦に還元されるんやったら、それもありかもな」って話しました。
実行に移すまでにはまだまだ遠いとは思いますが。

[PR]
by yaritai-houdai | 2014-11-05 23:41 | 雑感