自分しか見えへん

yarisutego.exblog.jp
ブログトップ

光陰矢のごとし

このブログの初めての記事を書いてからもう6年が過ぎようとしてます。

早いもんやねぇ。

この6年で変わったこと。

   ・
   ・
   ・
   ・

何度も浮気がバレて、その都度、何かしら発見があった。

その発見の中で一番大きかったのは「性依存」を自覚して、脱出したこと。

40年以上生きて、とっても大きな「自分発見」やった。


ま、これからもぼちぼちといきまひょか。
[PR]
# by yaritai-houdai | 2010-06-02 23:54 | 雑感

ご心配をおかけしました

今のところ、捨てられもせんと再び性欲の呪縛に囚われることもなく、それなりに平穏に暮らしてます。

性依存症の人の話を読んでたら、なかなか抜け出せんで困ってるみたいやけど
俺は「自分がそうや」と気付いた瞬間から、なんか体からスーッと悪魔が抜けていくように
呪縛から解放された。
そして嘘みたいに、その後はあんな衝動に突き動かされることはない。
まるで嘘みたい。
あれは何やったんやろうて思うくらいに今は何もない。
ほんなら「もっと早く気付いてたら、奥さんを傷つけんで済んだのに」とも思う。
けど、違うんやとも思う。
早かったらきっとここまでスキッと逃れられへんかったんやと思う。
苦しんで、傷つけて、もがいてきたから、そんな自分の症状を冷静に見れて
それでこうして抜け出せたんやろうと。

傷つけ、苦しめ、悲しませたことは心から悪いと思うけど
俺の信念「人生にはムダはない」ということがあらためて真実やと確信してる。
そしてこの苦労をホンマにムダにせんようにせなあかんとも思う。
[PR]
# by yaritai-houdai | 2010-04-22 01:17

ごめんな

俺が性の呪縛から解放されて心晴れやかなんは、この間ここに書いてきた通り。
ほんまに自分でもびっくりするくらい依存がなくなった。
ネットでアダルトサイトを転々とすることもDVDを観ることもまったくなくなった。
ほんの1ヵ月前の俺とはまるで別人。
まさしく生まれ変わったていうてもええぐらい。

このサイトは以前、うちの奥さんも見てたから、ちょっと読まれることを意識して書いてた。
けど、見てくれてはなかった。
俺にとっては劇的な変化も奥さんには通じてなかった。
「以前のあんたと何にもかわってない」て言われた。
わかってくれてると思てただけにショックやった。
10年近くも裏切ってばっかりやったから「今更信じろって言われても何を信じたらいいの?」と言われて、返す言葉もない。
けど、伝わってるて思い込んでた。
「あんただった私のこと全然わかってないやん」て言われた。
ほんまにそうや。
わかってたら何度も裏切ったりでけへんかったはずやもん。

病気

それですべてを合理化して許されるなんて考えてない。
けど、その病気に気付いてそこから脱出してきた俺に気付いてほしかった。

甘えたらあかんね。
俺が勝手に依存に陥ってただけやねんから
あの人に何の罪もないんやし

ごめん。
どうやって償っていったら償えるんやろか。
失くした時間、信頼、関係をどうやったら取り戻せるんやろか。
あきらめず、逆恨みせず、くじけず、くさらず、あくまで低姿勢で頑張ります。
[PR]
# by yaritai-houdai | 2010-03-16 23:19 | 告白

思い起こしてみると

俺は、いつから性の呪縛に囚われてたんやろか。
ずーっと遡って思い出したら、一番最初に性的な興味を感じたのは小学校に上がるかあがれへん頃やったような気がする。
おかあちゃんと一緒に海水浴に行って民宿でお風呂に入ったとき、いっしょに参加してたおかあちゃんの友人のKさんの裸に興味を持ったことを覚えてる。
記憶にある性的な関心はあれが最初のような気がする。
その後、小学1年生のときに家のトイレの窓の前に週刊誌が積み上げられてて、個室でそれを読んだ記憶がある。
その週刊誌は漫画サンデー程度の成人雑誌やった。
それをドキドキしながら、なんか悪いことしてるっていう気はありながら読んでたと思う。

ただ単に早熟やと思ってた。
けど今、思うとその頃からその瞬間のすべてを忘れる恍惚感に酔いしれ、逃避してたような気もする。

More
[PR]
# by yaritai-houdai | 2010-03-14 00:12 | 告白

ただいま、おかえり

俺、帰ってきた。
自分の体を明け渡してもろて、ようやく自分の体の主になった。
性的刺激や欲求の追求に明け暮れてた俺を返してもろた。
今の俺は自分のやるべきことややりたいことに時間を全部使える。
脅迫的なマスターベーションにおわれることもなく、思考の大部分を占めてた性的な妄想に心を掻き乱されることもない。
ようやく俺が俺に帰ってきた。
もう30年以上、そんな俺やったからどっちがほんまの俺かは証明しにくいけど、今の俺の実感はまさしく「ただいま」っていう感じ。
ひょっとしたら、いつまた追い出されるかも知らんけど、とにかく今は俺に帰ってきた。
できたらもう手放したくない。
特別なカウンセリングを受けたわけでもないけど、少なくとも俺は自分の置かれてる状況に気づいた。
そやからまた後戻りせぇへんために今、一所懸命に文献を読んでる。
できたらワーキンググループみたいな会に参加して、自分の体験を語ったり、他人の経験を聞いたりするのがええみたいやけど今の俺にはちょっと難しい。
そやからここでみんなに告白する。
これを読んでくれた人が俺のグループの参加者やと思う。
これから少しずつ告白していくつもりです。

とにかく俺がまた、向こう側の淵に引き込まれへんように見守ってて下さい。
お願いします。
[PR]
# by yaritai-houdai | 2010-03-06 23:26 | 雑感

俺、さびしいねん

うちの奥さんは天真爛漫で文字どおり自己中心的な人。
そこが彼女の魅力やと思うし、そのままでおってほしいとも思う。

けど、正直なところ「時にはちょっとくらい優しさの欠片なんかも覗かせてくれたら」とも思う。

隣で寝てて「背中や肩が痛い」て言うて俺がいくら苦しんでても
さすったりしてくれることは、まずもってない。

今回の件で俺が自分の弱さ(病気)に気づいたことを話しても
「親に話したら」とか「看護士をしてる妹に相談したら」とか言うだけで
自分ではそのことについて勉強する気もなさそう。

これまで強い俺を演じ切ってき過ぎたんかも知らんけど
弱さを打ち明けたんやから、もうちょっと優しくしてほしい。

あなたのせいやないけど、俺、さみしいねん・・・。
[PR]
# by yaritai-houdai | 2010-02-25 00:44 | お願い

トランキライザー

射精が大好きやったんとは違う。
射精に向かう時間が好きやった。
それ以外のことは何にも考えんと
ただそれだけに意識を集中させて
現実から逃避する。

SEXに関することは秘め事。
そやからこそ、社会から解放される瞬間。
どんな不安や苦しみ・悲しみからも
その瞬間だけは確実に逃げられる。
経験的にそのことを覚えた俺は
射精が目的とちゃう自慰や性行為に
時間を費やすことが多くなった。
いや、「費やす」て言うより
意識的にその時間を増やしていった。
結果的にそのことによって
精神の安定を得てたんやと思う。

それが依存やったと認識してしもた今、
そこへ逃げ込むことに抵抗がある。

けど、妻の冷たい態度に心が傷み
また逃げ込んでしもた。
こんなこと繰り返してたらあかん。
早よ違う精神安定剤を見つけな。

どこにあるんやろ?
俺のトランキライザーは・・・。
[PR]
# by yaritai-houdai | 2010-02-25 00:29 | 告白

カミングアウト

俺ってどっちかってゆうたら「強い」方の部類に入る人間やて思てた。
どんな困難な課題でもそれを楽しみながら乗り越えていける楽天的で得な性格してると思ってた。
てゆうより、そう思い込もうとしてたんかも知らん。
けど、実際はぜんぜん違てた。
俺の心は弱くてずっと悲鳴をあげてた。
でも、それに気づけへんかった。
いや、「そんなはずはない」て思て、自分の心の悲鳴を聞かへんようにしてたんかも知らん。

タイガーウッズが何人もの女性と浮気して世間を騒がした。
1ダースを超えるお相手が現れて「なんともお元気」なんて他人事に考えてた。
後日報道で「セックス依存症」の治療のために入院するとかていう話を聞いた。
「なんやそれ?」て思たけど、特に気にせぇへんかった。
でも数日前、ふとその言葉「セックス依存症」が頭をよぎった。
気になってネットで検索してみた。
いかがわしいビデオのタイトルも出てきたけど、実際に苦しみながら戦ってきた人のHPが目に留まった。
チェックリストもあったから試しにやってみた。

続きを読む
[PR]
# by yaritai-houdai | 2010-02-21 22:52 | 告白

妻を見送るときに

大女優と言われた方が亡くなった。
夫の取り乱しようは尋常ではなかった。
また妻が介護が必要になったときに夫は献身的に介護していた


    ・・・ように見えた。


でも、それは違う。
夫は罪滅ぼしのために必死になっていただけ。
かつての自分のおこないが妻に与えた苦痛の
何百分の一でも罪を償えたらという思いで
必死に介護していた。

そんなことで取り返せるはずもないのに

そんなこと、初めからわかっているのに


愚かな生き物  男  。
[PR]
# by yaritai-houdai | 2009-10-22 23:50 | 雑感

いつもに増して

かなり長いことほったらかしのここやけど、アクセス解析を見てみたらけっこうな数の人が見に来てくれてるみたいで恐縮です。

今、世の中は政権交代の風が吹き荒れてます。
そら、こんだけ正直者が報われへん社会をつくったらいくらなんでもおとなしい日本国民かて怒るわな。
消去法で消し去られた自民党と公明党。
消した後にとりあえず野党第1党で残った民主党に支持が向いてるけど、この支持は民主党の功績やのうて、とにかく手っ取り早く政権交代させるための手段として選ばれてるだけ。
そら、寄り合い所帯のフラフラした民主党に心底期待できるほど国民の状況は甘くない。
鳩山さんは「浮かれるな」て自重してるみたいやけどホンマに浮かれてる場合やない。
とんでもない自公から政権を取り上げて民主に渡すのは究極の選択を迫られるほど国民の生活が逼迫してるから。
できるもんなら故人献金やら西松やらと汚いお金に縁のない人に政治をしてほしい。
けど小選挙区制のおかげで2大政党に絞られてきて、とりあえず民主党しか政権交代できる党がないていうのが偽らざる大多数の有権者の思いやと思う。

まともな政治家が増えてほしい。
最近ようやく「無関心」から「探求」に有権者が変わりつつある中で、もっとまともな政治家が増えることを心から願ってます。
かつて友人が「いっぺんどん底まで悪くなれへんかったらわからへんねんから、とことんまで悪なったらええんや」と言うてました。
俺はそのとき「悪なったら先に弱い立場の人がやられてしまう。悪なる前に食い止めなあかん。」て反論したけど、現実はしっかり「とことん」悪くなりました。
そこでようやくみんな考え始めた気がします。
どんな選挙結果になるか?
いつの選挙も大事な選挙やけど今回はいつも以上に大事な選挙やと思います。
そこまで追い込まれてるから。
[PR]
# by yaritai-houdai | 2009-08-28 13:06 | 主張