自分しか見えへん

yarisutego.exblog.jp
ブログトップ

悲しい誕生日

3月11日。
去年までは、僕の中では「昔の彼女の誕生日」っていう日やった。
けど、去年から違う意味の方が大きくなった。

高校の時、大好きやった人の誕生日は、数年後に彼女の弟の命日になった。
それ以降、純粋に喜ばれへん彼女のことを思うと「おめでとう」ていうのも複雑やった。

来月にはうちの奥さんの誕生日がくる。
もう不幸なことは起こらんといてほしい。
[PR]
by yaritai-houdai | 2012-03-11 01:00 | 雑感 | Comments(1)
Commented by jolly_co at 2012-03-12 23:58
こんばんは。
あの日は、大勢の人にとって、生きる意味だったり、運命だったり、単純に、おめでとう、という言葉すら重みを持たせてしまう大きな出来事でした。
ほんと、こういう悲しいのは二度と起こってほしくないですね。